VB のたまご

作成日: 2017/08/17, 更新日: 2017/08/18


.NET Core 2.0.0 のプレビュー版を削除して、正式版をインストールしよう!


プレビュー版のアンインストール

  •  現行で使用中の .NET Core 2 Preview 2 をアンインストールします。
  • $ sudo apt remove dotnet-sdk-2.0.0-preview2-006497
    

  •  ちなみに、過去のリリースを見てみると、 結構な頻度でプレビュー版をリリースしていたんですね。各 markdown ファイルを見て回ることで名前を探すことが出来ますね。


正式版のインストール

  •  私は Ubuntu 17.04 を使っているのですが、今回からはこのバージョンも対応されていますので、このバージョンに合ったコマンド入力をしていきます。

  •  パッケージカタログを更新します。(★ Ubuntu 17.04 の場合)
  • $ sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/microsoft-ubuntu-zesty-prod zesty main" > /etc/apt/sources.list.d/dotnetdev.list'
    $ sudo apt update
    

  •  .NET Core 2.0.0 をインストールします。
  • $ sudo apt install dotnet-sdk-2.0.0
    

  •  バージョン確認します。
  • $ dotnet --info
    

  •  プレビュー版の時は、 2.0.0 の後ろに、preview2-006497 とかが付いていましたが、外れましたね!
  • .NET コマンド ライン ツール (2.0.0)
    
    Product Information:
     Version:            2.0.0
     Commit SHA-1 hash:  cdcd1928c9
    
    Runtime Environment:
     OS Name:     ubuntu
     OS Version:  17.04
     OS Platform: Linux
     RID:         linux-x64
     Base Path:   /usr/share/dotnet/sdk/2.0.0/
    
    Microsoft .NET Core Shared Framework Host
    
      Version  : 2.0.0
      Build    : e8b8861ac7faf042c87a5c2f9f2d04c98b69f28d
    

  •  それと、タイミング良く Visual Studio Code のアップグレード通知が来てたのでアップグレードします。

  •  VSCode もアップグレード(1.15.0→1.15.1)
  • $ sudo apt install code
    


プログラムを作ってバージョンを確認する

  •  以下はやらなくてもいいです。個人的にやりたかっただけですので。
  • $ dotnet new console -o ConsoleApplication1 -lang vb
    $ cd ConsoleApplication1/
    $ code .
    

  •  Program.vb
  • Imports System
    Imports System.Reflection
    Imports System.Runtime.InteropServices
    
    Module Program
    
        Sub Main(args As String())
    
            Console.WriteLine("Hello World!")
            Console.WriteLine($"MachineName             = {Environment.MachineName}")
            Console.WriteLine($"OSVersion                   = {Environment.OSVersion}")
            Console.WriteLine($"UserName                   = {Environment.UserName}")
            Console.WriteLine("")
            Console.WriteLine($"Version                        = {Environment.Version}")
            Console.WriteLine($"ImageRuntimeVersion = {Assembly.GetExecutingAssembly().ImageRuntimeVersion}")
            Console.WriteLine($"GetSystemVersion       = {RuntimeEnvironment.GetSystemVersion()}")
            Console.WriteLine($"GetRuntimeDirectory   = {RuntimeEnvironment.GetRuntimeDirectory()}")
            Console.WriteLine()
    
        End Sub
    
    End Module
    

  •  ※イコール以降が段差がひどくて見づらいため、手動で空白を調整しています
  • 出力結果
    Hello World!
    MachineName          = sutefu7-VirtualBox
    OSVersion            = Unix 4.10.0.32
    UserName             = sutefu7
    Version              = 4.0.30319.42000
    ImageRuntimeVersion  = v4.0.30319
    GetSystemVersion     = v4.0.30319
    GetRuntimeDirectory  = /usr/share/dotnet/shared/Microsoft.NETCore.App/2.0.0/
    


まとめ

  •  正式版のインストールする時に、いつもの癖で Ubuntu 16.04 版を見てしまって、 Ubuntu 16.04 版のパッケージカタログとして登録したために、正式版のインストールができなくて結構足踏みしていました。 「Sdk だけじゃなくて、.NET Core の Runtime 2 もインストールしないといけないけど、依存していないから一緒には入んないよ~」的なエラーでした。 ハマると怖いよね(^_^.)