VB のたまご

作成日: 2017/03/05, 更新日: 2017/03/05



Label

    イメージ
  •  Label は、文字列を表示するコントロールです。 とりあえずどういう風に動くのか見てみましょう。 以下サンプルです。「LabelWindow1」という画面で作成していますが、「MainWindow」に書いても構いません。

  • スポンサーリンク


    <Window x:Class="LabelWindow1"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
            xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
            xmlns:local="clr-namespace:z04_NormalControls"
            mc:Ignorable="d"
            Title="LabelWindow1" Height="300" Width="300">
        
        <StackPanel>
            <Label Content="label1" />
        </StackPanel>
        
    </Window>
    

  •  そのままですね。Text プロパティではなく、Content プロパティへセットすることに注意です。 Label では、アクセスキー(エクスプローラーなどにあるメニューバーを選択する時に、Alt + F キーの組み合わせを実行することで、キーボード操作のみで実行できる)を設定することができます。 以下では、Alt + N を押すと、入力欄コントロールにフォーカスを移動させることができるサンプルです。 Alt を押したときに、最初の文字 N の下にアンダーバーが表示されます。

  • <Window x:Class="LabelWindow2"
            xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
            xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
            xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
            xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
            xmlns:local="clr-namespace:z04_NormalControls"
            mc:Ignorable="d"
            Title="LabelWindow2" Height="300" Width="300">
        
        <StackPanel Margin="10">
    
            <Label Content="_Name" Target="{Binding ElementName=textbox1}" />
            <TextBox Name="textbox1" Text="taro yamada." />
    
        </StackPanel>
    
    </Window>