VB のたまご

作成日: 2017/05/14, 更新日: 2017/05/14



はじめに

  •  ここでは、Prism という インフラストラクチャーを利用した WPF アプリケーションの作り方を学習します。

  •  Prism は、WPF 版、UWP 版、Xamarin 版、テスト版?、 などいろいろなプラットフォーム向けに作成されていますが、ここでは、WPF 版をターゲットとして解説します。

  •  Prism は、もちろん MVVM パターン実装をサポートしていますが、 これが Prism の全てではなく、他にもいろいろなサポート機能が Prism には含まれています。

  •  Prism は、「いかにアプリケーション構築する際、良い感じに作るか」を考え抜いて作られたライブラリです。 勉強する際は、Prism の独自文化を理解することで、学習しやすくなります。 記事を読んでもよく分からない場合は、頑張って自分でコーディングしてみると、「あっ!そういうことか、分かった!」と理解できるかもしれません。

  •  独学ということもあり、全てを説明できるくらいのボリュームはありませんし、内容が偏っているかもしれません。 本記事だけで終わるのではなく、【他の方の解説サイトや書籍を複数読まれた方】がより理解が深まりますので、非常に推奨です。


勉強させていただいた各サイト


本学習のサンプルソース

  •  本学習で扱っているサンプルソースは GitHub にアップロードしています。 説明記事を読むよりも、ソース見て勉強したい方は以下からどうぞ。

  • GitHub
    https://github.com/sutefu7/VbWpfSamples.Prism.WPF
    Src/*
    

    開発環境
    OS : Windows 8.1
    ソフトウェア : Visual Studio Community 2015 Update 3
    .NET のバージョン:.NET Framework : 4.5.2
    Prism のバージョン:6.3.0
    ※Prism は複数プログラムに分かれており、それぞれバージョン表記が違いますが、少なくとも、Prism.Unity, Prism.Core, Prism.Wpf は 6.3.0 です。
    これらのバージョンは、NuGet パッケージマネージャーのうち、「インストール済みの項目」に記載されたバージョンです。
    ※Prism のプロジェクトテンプレートは、C# 版しか対応していないため?、毎回 NuGet 経由でインストールしてきてアプリケーションを構築しています。