VB のたまご

作成日: 2016/08/07, 更新日: 2016/08/07


設定系コントロールから学ぶ伝わる表現方法

  •  突然ですが、以下の gif 画像を見て、どちらが直感的にイメージしやすいですか? 私は、どちらも右側の方が分かりやすいかなと思いました。

  • イメージ
  •  この設定項目がどういう意味を持っているのか、何を設定するための入力欄なのか、 どのように設定させるか、とか、普通はそんな深刻に考えないですよね。

  •  大抵は、PropertyGrid 使うか、入力欄なら TextBox, 選択欄なら ComboBox, ListBox を使って、 オプション設定画面とかに作りこむのではないでしょうか。

  • スポンサーリンク


Visual Studio の設定系コントロールから学べること

  •  例えば、色の選択、画面表示位置、何でもかんでも、【文字】でやり取りするのが、実装者にとっては一番楽だと思います。 しかし、gif イメージにある、Dock プロパティや Anchor プロパティのように、文字ではなく【形】で選択させるという表現方法の方が、 ユーザーにとっては、分かりやすい場合があります。ただこれもまた、何でもかんでも~ではなく、項目にもよりますがね。適材適所というのでしょうか。

  •  こういうのは、発想力とセンスが無いとなかなか難しいですよね。私はどちらかというと苦手です。 この表現では分かりづらい、だからこうこうこういう抽象イメージなデザインで、直観的に選択させるようなデザインにしよう。みたいな。 これはプログラミングができる力とは別の能力だと思っていて、ベテランでもこの能力を持っている人は稀だと思います。多分ですけど。

  •  そういえば学生だった頃に、先生から、PowerPoint 作る時は「文字でびっしり埋めても全然伝わらないから、 文字書くならキーワードだけに減らす、イメージ図だけにする。後は口頭で補足説明しなさい。」みたいなことを教わった気がします。 パッと見でも所見でもいいんですけど、勘違いしないで理解するためには、文字よりも形ということですね。 これは、Excel で数値とにらめっこするのと、グラフを見るのと、どっちが分かりやすいか。というのと同じ気がします。

  •  あ、水を差すことを思い出したのですが、特に業務用アプリケーションの場合、ユーザーさんは、あまりマウスを使わずに、 キーボードだけでガガガガーっと操作するので、お客さんによっては、余計なお節介としか思われないこともあるかもしれません。。。

gif で動かしたサンプルプログラム

  • サンプルコードを上げておきます。 いろいろ試しながら作りこんだテストプログラムなので、不要なものも含まれていますが、それでも良ければどうぞ。
  •  無料ダウンロードする(popupTestByToolStripDropDown.zip, 30 KB)

  •  最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。

  • スポンサーリンク